デザイン

RHAのプロダクトは、各製品の素材とコンポーネントを組み合わせて、プレミアムな美しさ、快適さ、そして音質を提供するように設計されています。

もっと詳しく知る ↓

デザイン過程

アイデアを現実に変える段階を探る。

1. 英国での設計

製品設計チームは、英国の豊富な発明とエンジニアリングの歴史、そして世界中の産業からインスピレーションを得ています。 RHA製品のインスピレーションは、最先端の航空宇宙技術から何世紀も前の楽器にいたるまで、さまざまなソースから引き出されています。

2. コンセプト

製品開発のサイクルにおいて第一の優先事項は、「どうより良くできるのか?」という問いに答えることです。 イノベーションは、最初のアイデア段階からすべてのRHA製品の中核にあります。 私たちは、RHA製品がプレミアムなリスニング体験を提供するため、より新しくてより良い方法を提供するよう努めています。

3. 開発

デザインコンセプトは、3D印刷による初期プロトタイプの作成のための詳細なCAD図面作成の前に、粘土細工によって表現されることで、どのように見え、どのように感じるかを知ることができます。 同時に、技術コンセプトは、デザインコンセプトを念頭に置きながら、その実現性が吟味されていきます。デザインと技術の両方のコンセプトは継続的に評価され、洗練され、同時ににテストする準備が整うまで必要に応じて取捨選択が行われます。

4. 精錬

最初のテストの後、プロトタイプはすべて消費者グレードの材料を使用して作成されます。誰もがあらゆる面で満足するまで、オーディオと電子部品は広範にテストされ、調整され、再検査されます。明瞭で正確な音を生み出すために同時並行して開発されたドライバーとハウジングがすべてのRHAイヤホンに搭載されています。

このプロセスは、他の開発段階よりも時間がかかります。 この段階の終わりは、そこから生産を計画できる完全に機能し完成した製品であり、「金色のサンプル」です。

5. 生産

ついに製品の生産準備が整いました。生産段階では、耐久性のあるハウジングを作るための金属の鋳造から、丈夫でテクスチャー加工された終端の作成に使用されるローレット加工、手磨きによる仕上げまで、多くの段階が必要です。

生産と組み立てのプロセスは徹底的に計画され、実践され、改善されており、各完成品は一貫して高い水準にあります。

イヤホンハウジング

オーディオドライバーと同時に開発されたハウジングは、快適性、耐久性、音響性能のために設計されています。

Aerophonic™

ドライバーハウジングのエアロフォニック(Aerophonic™)デザインは、ドライバーから耳へと音が進むにつれて望ましくない残響や歪みを避ける手段として作られました。このデザインは、ハウジングのチャンバーと音パイプを、反転したトランペットの鐘の上を模したひとつの形状にまとめました。 この形状により、RHA MAシリーズカナル型イヤホンは、高レベルの音の明瞭さを実現しています。

コンパクト

Sシリーズのアルミ合金ハウジングは、どんな耳にも快適にフィットするようにデザインされています。 軽量素材、小型サイズ、イヤーチップの組み合わせにより、すべてのユーザーが確実に外部ノイズを遮断することができます。

人間工学

TシリーズとCL1セラミックには、湾曲のある、人間工学に基づいたハウジングデザインを採用しています。外耳の輪郭にフィットするように研究され、設計された形状で、ハウジングは快適で外部ノイズ遮断を可能にします。人間工学に基づいたハウジングのユニークな形状は、 金属およびセラミックの射出成形製法といった複雑な製造プロセスを採用して最適化されています。

先駆的イノベーション

ドライバーからチップストレージまで、RHA製品の各コンポーネントはカスタム設計され開発されています。

イノベーション

RHA製品は多くの分野で、革新と改善がなされていることがわかります。製品デザインチームは、音を再生するために使用されるドライバーから外部ノイズを遮断するイヤーチップのための保管場所まで、イヤホンのあらゆる面を見ています。RHAはリスニング体験のさまざまな側面に関連するいくつかの特許を登録しています。