サウンド

豊富な研究開発に基づいて、各製品は、最も正確なオーディオ再生を可能にするために高度な技術と革新的なデザインを採用しています。

もっと詳しく知る↓

Drivers

すべてのドライバーは、それを内包するハウジングと並行して開発されています。 これらのコンポーネントを厳密にテストし、調整し、同時に改善して、可能な限り最高の性能基準を達成しています。

Dynamic driver

製品に使用される各ダイナミックコイルまたは可動コイルとドライバーは、最高のサウンド再生を実現するために設計、チューニングされています。

Dynamic driver 

製品に使用される各ダイナミックコイルまたは可動コイルとドライバーは、最高のサウンド再生を実現するために設

マグネット:一定の磁場を生成します。

ボイスコイル:磁場を動かすオーディオ(電気)信号を受け取ります。

ダイヤフラム:音波振動を引き起こすボイスコイルに取り付けられます。

  • マグネット:一定の磁場を生成します

  • ボイスコイル:磁場を動かすオーディオ(電気)信号を受け取ります

  • ダイヤフラム:音波振動を引き起こすボイスコイルに取り付けられます

DualCoil™ 

T20、T20i、T20i Blackで使用されているデュアルコイル(DualCoil™)テクノロジーは、従来のムービングコイルドライバーを超える性能を実現するように設計されています。

DualCoil™ driver

T20、T20i、T20i Blackで使用されているデュアルコイル(DualCoil™)テクノロジーは、従来のムービングコイルドライバーを超える性能を実現するように設計されています。

マグネット:一定の磁場を生成します。

アウターボイスコイル:中音域と高音の周波数を生成するために作動します。

インナーボイスコイル:低音と中低音を生成する動きを作り出します。

ダイアフラム:両方のボイスコイルにまたがって取り付けられ、領域の異なる周波数帯域を同時生成します

クロスオーバー:周波数を2.2kHz以下、2.2kHz以上の2つの帯域に分割します


  • マグネット:一定の磁場を生成します

  • アウターボイスコイル:中音域と高音の周波数を生成するために作動します

  • インナーボイスコイル:低音と中低音を生成する動きを作り出します

  • ダイアフラム:両方のボイスコイルにまたがって取り付けられ、領域の異なる周波数帯域を同時生成します

  • クロスオーバー:周波数を2.2kHz以下、2.2kHz以上の2つの帯域に分割します

Dacamp L1

RHA Dacamp L1は同クラスでもユニークなデュアルDACとクラスABアンプを左右に配置しています。高感度IEMからフルサイズスタジオヘッドホンまで、対応フォーマットはPCM32/384およびDSD256まで、パワフルで高解像度のオーディオ処理が可能です。

Dacamp processing

a. デジタルオーディオ信号はソースとなるデバイスから伝送されます。

b. ヘッドホン/イヤホンまたはスピーカーへと、クリアでバランスの取れたサウンド信号を送るために、各チャンネルはES9018K2M DACとAB級アンプでそれぞれ処理されます。

c. 各チャンネル回路は完全にバランスがとれており、バランスミニXLR出力が得られ、クロスチャンネル干渉やサウンドが歪むリスクが排除されます。

  • デジタルオーディオ信号はソースとなるデバイスから伝送されます。

  • ヘッドホン/イヤホンまたはスピーカーへと、クリアでバランスの取れたサウンド信号を送るために、各チャンネルはES9018K2M DACとAB級アンプでそれぞれ処理されます。

  • 各チャンネル回路は完全にバランスがとれており、バランスミニXLR出力が得られ、クロスチャンネル干渉やサウンドが歪むリスクが排除されます。

ノイズアイソレーション

オーディオに引き込み、外部ノイズを除去するために、すべてのRHAカナル型イヤホンは、高レベルのノイズアイソレーション特性を備えてデザインされています。

ノイズアイソレーション

オーディオに引き込み、外部ノイズを除去するために、すべてのRHAカナル型イヤホンは、高レベルのノイズアイソレーション特性を備えてデザインされています。

音響テスト

RHAのリアルなサウンドへの継続的な追求の一環として、オリジナルの音源を正確に再現するために、サウンド再生の性質と製品の機能について高度な音響研究を行っています。

先進的なレーザー分光法

デュアルコイル(DualCoil™)ダイナミックドライバーを開発の際、エンジニア達は精度を最適化し、効率的なクロスオーバー分離を実現するために精密技術を使用しました。 彼らは2つの急速に振動するコイルのストレスに耐えられる膜を開発する必要がありました。 プロトタイプドライバーはレーザー振動計を使用してテストされ、さまざまな周波数で振動板の表面の変位を正確に測定測定することができました。